私も手芸部を作ろうと思いました。

私に再び、手芸部への思いがわいてきました。
とあるSNS上でお見かけしたのですが、某新聞販売店に手芸部というものがあるそうです。
ブックカバーなどを作っているそうですが、人気があるのは、手芸部の中で最高齢でいらっしゃる御年90を超えた女性が作る白い頭巾だそうです。

白い頭巾と書きましたが、お店の方によると、「大谷吉継(大谷刑部)がかぶっていたという頭巾の再現」で、人気があるゆえ、欠品が続いており、女性一人、トヨタ製のミシンを使って、頑張って製作中なのだそうです。

どのように作っておられるかまったくわかりませんが(当然ですが)、白いぱりっとした頭巾はなかなか素敵です。

少し前の話になりますが、昨年の大河ドラマ「真田丸」で、片岡愛之助さん扮する大谷吉継がかぶっていたものと形は同じです。

私がこんなことを書いて、さらに女性の方に負担をかけやしないか、なんだか心配です。(そう言いつつ、書いています)
個人的には、90を超えている女性がトヨタ製のミシンを使っている、それだけで、ツボを押されまくりです。

今は手縫いしかできない状態ですが、機会があればミシンをこっそり使ってみるのもいいなぁと思ったりします。
今なら言えますが、手縫いとかビーズで、家の片隅でひっそりと小物を作っていますが、いつの日か手芸部として人様に販売したいという夢が私にはありました。

今は本業との兼ね合いで、手芸部としての仕事で収入を得ることは難しいと思っていましたが、再び夢をかなえたい気持ちが出てきました。

女の人を喜ばせられそうなもの、気持ちを明るくできるようなものを作ろうという夢をかなえるべく、まずは作品をネット上にあげることからはじめてみました。

今まで作ったものは、ショール、バッグ、リング、ブローチ、ブレスレットなど小物がほとんどです。お洋服といった、大物は自分だけで楽しむつもりです。

販売する前に、まず自分でデザインして、作っていくところから、始めていくつもりです。そして、これからも徐々にネット上で発表したいと思います。
ひとり手芸部になりますが、いずれは個人事業主としての今の仕事と収入をさらに増やすことが、私の夢です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です